日本財団再犯防止プロジェクト

 
サイト内検索:

日本財団 職親プロジェクト 設立3周年記念シンポジウム開催のお知らせ

法務省の統計によると、窃盗や傷害など一般刑法犯による再犯率は1997年以降、上昇傾向にあり、2014年は過去最悪の47.1%でした。

日本財団は、少年院出院者・刑務所出所者の円滑な社会復帰のため、就労、教育、住居の三位一体による支援強化を図るため、法務省の理解と協力のもと、企業と連携し、元受刑者等の更生と社会復帰を目指した職親プロジェクトを2013年2月28日に設立しました。関西7社で始まった本プロジェクトは現在、参加企業の増加、民間団体等の協力もあり、関東や九州にも活動が広がっています。

 設立から3周年を迎え、本プロジェクトのさらなる発展とともに、更生支援の社会的な理解の促進を目的に、記念シンポジウムを開催しますのでご案内致します。

 

【日 時】3月1日(火)14時~16時30分

 

【場 所】日本財団ビル1階バウルーム(東京都港区赤坂1-2-2

【プログラム】

14:00~  開会の言葉・挨拶

14:15~  【報告】

「職親プロジェクト~誕生から今日までの道のり~」

14:30~   【更生した人たち・報告】

雲水 立花 太郎

花き栽培農家 川島 光一朗

15:00~  【休憩】

15:15~   【トークセッション】 

テーマ「矯正施設と更生支援のあり方」

  【千房株式会社】       【実業家】

    中井 政嗣氏      堀江 貴文氏

中井社長 プログラム用.jpg_EK_0204.jpg

16:30   終了  

 【定員】 150名(先着順)

【参加費】 無料

【申し込み方法】

お申込みはこちらから