活動内容

PROJECT

PLANNING & SUPPORT

3年計画・中間支援

3年計画

PLANNING

官民連携で支えることから
刑務所出所者、少年院出院者の
再犯防止を目指し、官と民が連携し、
矯正施設在所中及び出所・出院後の
プログラムを変革することで、
再犯に手を染める負の連鎖を断ち切り、
円滑な社会復帰、社会で活躍できる
人材の輩出を目指します。
STEP.01
モデル刑務所づくり
~ 社会に直結する矯正施設 ~
モデル刑務所づくり
  • 職親企業による職業訓練導入(接遇、調理、建築、プログラミングなど)
  • 教育支援(基礎教育・人間教育・カウンセリング)
  • 外部通勤制度、外出制度の拡充(職場見学等、出所後のイメージギャップの縮小)
  • 仕事フォーラム(就職意欲向上)
  • 依存症等の個人情報の一部開示
  • モデル刑務所候補
    • 東京:多摩少年院
    • 大阪:加古川刑務所
    • 福岡:佐賀少年刑務所
STEP.02
中間施設づくり
~ 矯正施設と社会を繋ぐ機関 ~
中間施設づくり
  • 就労開始
  • 教育支援(基礎教育・人間教育・カウンセリング)※継続して提供
  • 連絡会議(就労状況や課題解決の協議)
  • 職親企業担当者研修(出所者受入に係るノウハウ提供)
  • 勉強会(発達障害、依存症など)
  • 中間支援施設
    • 大阪:(株)ヒューマンハーバー大阪(良心塾)
    • 福岡:(株)ヒューマンハーバー大阪(そんとく塾)

矯正施設内からのゆるやかな社会復帰のイメージ

矯正施設内からのゆるやかな社会復帰のイメージ

設置目的

少年院出院者・刑務所出所者(日本財団職親プロジェクトの対象者)のゆるやかな社会復帰と一般社会での自立に向けて、スムーズに職場環境に慣れ、定着できるよう、基礎知識の習得(読み書き、算数、英語を通じた社会スキルなど)から道徳・倫理、社会規範などの心の教育及び実社会における生活指導を提供し、社会・組織で働くための人づくりを目指しています。
そして、受入先の職親企業に対しても、対象者の受け入れ方に関する社員研修や理解ある職場づくり、対象者が安心して働ける環境づくりを行い、多面的に対象者を支え、再犯防止の支える中核組織です。

目標

  1. 1.中間支援施設の受入数

    90名 / 年
    30名<住:10名・通い:20名>
    /拠点×3拠点
  2. 2.職場定着率(人数)

    80 %
    (出所後6ヶ月以降の定着)
STEP.03
循環型就労支援モデルづくり
~ 出所者の職場定着に向けた提携 ~
循環型就労支援モデルづくり
  • 就労開始(継続雇用、定着へ)
  • 教育支援(基礎教育・人間教育・カウンセリング)※継続して提供
  • 職親企業間による対象者の職場体験交流(再就職に係る多様な選択肢の提供)
  • 職親企業間における再就職
  • 拠点間の連携(他業種の職業体験など)
循環型就労支援モデルづくり